スポンサーリンク

【徹底解説】ブロックチェーンってなに?

はじめに

今回は仮想通貨を語る上で欠かせないシステム「ブロックチェーン」について、初心者の方にもわかりやすく解説していきます。

「ブロックチェーン」というと仮想通貨を初めてすぐに耳にする言葉だと思いますが、実際よくわからない・・・という人も多いのではないでしょうか。

仕組みを知ることで、仮想通貨市場に対する理解も深まるので一緒に勉強していきましょう٩( ‘ω’ )و

ブロックチェーンってなに?

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとはなんなのか、まずはウィキペディアから見ていきましょう。

ブロックチェーン(英語: Blockchain)とは、分散型台帳技術、または、分散型ネットワークである。ブロックチェインとも。ビットコインの中核技術(Satoshi Nakamotoが開発)を原型とするデータベースである。(Wikipediaより引用)

難しいですね。よりわかりやすく説明していきます。

一言で言うと「ブロックチェーン」とは仮想通貨のシステムの土台になっている技術によって作られたコインの今までの取引全てを記録している台帳のことです。

従来の技術との比較

従来の技術(中央集権型システム)に比べて、ブロックチェーンシステムのどのようなところが優れているのでしょうか。

システムを比較して考えてみましょう。

従来の取引は「中央集権型システム」と呼ばれるもので、特定の第三者が取引記録を単独で管理するものです。
特定の管理者が単独で管理しているため、サーバーのハッキングや情報の改ざんの危険性がありました。
またシステムに不具合が生じた場合、ネットワーク全てが利用できなくなる恐れがあります。

それに比べて仮想通貨で使われている「ブロックチェーンシステム」特定の管理者がいません
その代わりに利用者全員で、全ての取引記録をブロックに分けてチェーンのように繋いで管理します

そして、その取引記録はハッシュ関数という仕組みによって全て暗号化されます。ハッシュ関数によって暗号化されたものは二度と書き換えることはできません。

つまり、暗号化された情報が分散されて管理されるため、従来の「中央集権型システム」に比べてハッキングや情報の改ざんの危険性が低く安全性が高いとされています。

また、ブロックチェーンシステムでは、利用者全員でデータを分散して保持しているため、1つのサーバーがハッキングや不具合により機能停止してもシステム全体に影響を与えることはありません。

従来の「中央集権型システム」の弱点を克服した新しい技術が「ブロックチェーンシステム」ということですね。
しかも、ブロックチェーンというシステムが使われるようになって現在まで一度もシステム自体にトラブルが起こったことはありません。それってすごいことですよね( *`ω´)

POINT「ブロックチェーン」とは、従来の取引のように特定の第三者が取引の履歴を管理するのではなく、利用者全員で手分けして取引記録を管理するシステム。ハッキング等の危険性が低く安全性が高いとされている。

おわりに

今回は「ブロックチェーン」について解説していきましたがいかがでしたか?

仕組みを知ることでブロックチェーンは安心安全なシステムと言われている理由がわかりますよね(о´∀`о)

ちなみにこのブロックチェーンシステムを利用して自動的に取引を行う技術
「スマートコントラクト」についても以下の記事で解説していますので参考にしてみてください

【徹底解説】スマートコントラクト(スマコン)ってなに?
はじめに今回は仮想通貨の技術「スマートコントラクト」について解説していきます。よく「スマコン」と略されますね。聞いたことはあるけどイマイチよくわからない...という人も多いのではないでしょうか。私も最近ま

さとさと

 

 

コメント