スポンサーリンク

【必読】元証券ウーマンが仮想通貨投資をオススメする理由

はじめに

今回は元証券会社勤務の私が仮想通貨投資をオススメする理由について説明します。

みなさんが仮想通貨を始めようと思っている理由は何ですか?

「仮想通貨の将来に魅力を感じたから」

「ブロックチェーンの技術に興味があるから」

「周りが仮想通貨をやっているから」など、様々な理由があると思います。

しかし、一番の動機はやはり「資産を増やしたいから」じゃないでしょうか。

私は仕事柄株式を顧客に提案していましたが、今の環境で投資をするなら「仮想通貨投資」一択だと断言します。

今回はその理由について詳しく説明していきます。

仮想通貨とは

まずは仮想通貨ってなに?というところから簡単に説明します。

仮想通貨とはインターネット上に存在して、インターネット上でやり取りすることができる「目に見えないお金」です。

私たちが日頃使っている「日本円(フィアット)」は「日本政府」が発行・価値を保証しているのに対し、「仮想通貨(クリプトカレンシー)」は特定の発行者ではなく「技術」の信頼の上に成り立っている通貨であると言えます。

「仮想通貨ってなに?」については以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

仮想通貨ってなに?基本中の基本を徹底解説!
はじめに今回は、仮想通貨を始めるか迷っている方や仮想通貨を始めたばかりの初心者の方にもわかりやすいように「仮想通貨とは?」ということについて分かりやすく解説していきます。仮想通貨ってなに?最初にそもそも「仮想通貨

仮想通貨投資のうまみ

仮想通貨投資には他の高収益な投資と比べても独自の”うまみ”があります。

・他の高収益な投資に比べてリスクが少ない
・市場の成長がまだまだこれから
・多くの企業が参入を発表、将来性が見込める

ひとつひとつ詳しく見ていきましょう。

他の高収益な投資に比べてリスクが少ない

仮想通貨投資の大きな特徴の一つとして「他の高収益な投資に比べてリスクが少ない」ということが挙げられます。

一言でいうと、仮想通貨投資は「リスクは有限、リターンは無限」です。

「資産を増やす」という目的で投資を始めようとしている方の中には、FXや株式など高収益が見込める「他の投資」と「仮想通貨投資」、どちらを始めるか迷っている方もいるのではないでしょうか。

それでは高収益な投資を比較してみましょう。

【他の投資との比較】

◆FX・株式

まず、資産を100倍・1000倍に増やそうとするなら仮想通貨投資の他にFXや株式などの信用取引(レバレッジ取引)などの選択肢もあります。

信用取引(レバレッジ取引)とは簡単に説明すると取引所に借金をして取引(トレード)をすることです。

特にFXでは、はじめに取引会社に自分のお金を証拠金として預け入れることで、証拠金の数倍から数百倍の金額で取引できます。

例えば・・・
100倍のレバレッジであれば、
10万円の元手で990万円を借入れて、合計1000万円分の取引ができるということです。
実際の値動きで表すと
・10%値上りした場合は、1100万円になります。
そして借金を返すと、 1100万円 – 990万円 = 110万円の利益
・10%値下りした場合は、  900万円になります。
そして借金を返すと、   900万円 – 990万円 =   90万円の損失
となります。

このように、小さな資金から大きな利益を狙えるという良い面ばかりが強調されがちな信用取引ですが、その反面投資に失敗した場合は元手を超えて大きなマイナスになる可能性があり、非常にリスクが大きいと言えます。

◆仮想通貨投資

対して、仮想通貨投資に信用取引(レバレッジ取引)は基本的にない為、元手を失う以上のマイナスは出ません。

仮に10万円投資したならば、その10万円がゼロになることがあってもそれ以上の損失を被ることは絶対にありません

このような取引を投資用語で「現物取引」と呼びます。

その点、FXや株の投資に比べて圧倒的に安全で安心な取引であると言えます。

「仮想通貨は基本的に現物投資だからリスクは有限、リターンは無限」という特徴を聞いたときに、「借金をしないなら大きな利益を出すのは難しい」と考えられた鋭い方もいらっしゃるのではないでしょうか?

確かに、レバレッジ取引など借金をして取引を行えば、借金をしない現物取引に比べて大きな利益を出せる可能性があります。

しかし、やはりハイリスク・ハイリターンになってしまいます。

投資をする際に最も大事なことは「大きな損失を出さないこと」です。

大きな損失を出すと、継続して投資を行うことが難しくなってしまう場合もあります。そうなってしまったら、元も子もありませんよね。

そういう意味でも、「リスクは有限・リターンは無限」であるということは投資先として非常にメリットがあると言えます。

市場の成長がまだまだこれから

仮想通貨投資のもう一つのうまみとして「市場の成長がまだまだこれから」という点があげられます。

「仮想通貨」は2008年にブロックチェーン技術とそれを利用した「ビットコイン」が誕生したことによって始まりました。

実は「仮想通貨」というものが誕生してからまだ10年程しか経っていないんですね。

その為、他の金融市場に対してまだまだ歴史が浅く未成熟です。

つまり市場が未成熟のうちに参入ができるので大きなリターンが見込めるとも言えます。

この10年ほどの間に1000種類以上の通貨が誕生し、多くの新しい技術が生まれましたが、今なお、新しい技術やより高性能な特徴を持った仮想通貨が日々誕生しています。

そのような発展途上の市場のため、これからもより新たな技術や新たな利用用途が生まれていくことは容易に想像できますよね。

2017年末にはこれからの仮想通貨市場への期待からか、多くのコインが値を上げました。

その中でも2017年1年間で特に大きく価値が上がったコインを例に見てみましょう。

【Verge(バージ)/$XVG】

チャートから価値の上昇を見ていきます。

2017年1月1日の価格が1XVGあたり0.00002ドル(0.002円)でした。

ほとんど価値がないに等しい金額です。

その後じわじわと上昇していき、2017年11月30日には1XVGあたり0.00005ドル(0.005円)になりました。

12月に入っても徐々に上昇していき、12月17日あたりから一気に上昇しました。

そして、12月23日にはなんと1XVGあたり0.28ドル(約31円)になりました。

1月1日の0.00002ドルから比べると10,000倍超の上昇、

つまりたった1万円分の投資でなんと年末には1億円になっていたということです。

多くの企業が参入を発表、将来性が見込める

2018年に入り、仮想通貨市場は新たな動きを見せています。

仮想通貨取引所が規制されたり、法整備に向けた動きが加速しています。

そんな中、多くの企業が2018年以降仮想通貨市場への参入を発表しています。

どのような企業が参入予定なのか、いくつか見ていきましょう。

2018年以降参入予定企業

◆SBIホールディングス

事業内容 仮想通貨取引所・国際送金・マイニング・ICO・仮想通貨決済
サービス開始時期 2018年夏(取引所)
金融庁登録 登録済み

◆三菱UFJファイナンシャル・グループ

事業内容 独自通貨発行・独自通貨取引所開設
サービス開始時期 2018年内
金融庁登録 年内完了予定

◆みずほファイナンシャルグループ

事業内容 独自通貨発行
サービス開始時期 2020年
金融庁登録 申請予定

◆yahoo

事業内容 不明
サービス開始時期 2019年4月以降
金融庁登録 登録済み(ビットアルゴ)(yahooは未登録)

◆LINE

事業内容 仮想通貨交換・仮想通貨取引所
サービス開始時期 2018年内
金融庁登録 審査中

◆メルカリ

事業内容 仮想通貨決済(独自トークン発行・ICO実施も検討)
サービス開始時期 2018年内
金融庁登録 年内完了予定

◆サイバーエージェント

事業内容 仮想通貨取引所
サービス開始時期 2018年春
金融庁登録 申請予定

 

▼参考記事▼

【保存版】大混戦模様の仮想通貨業界全覧——新規参入は「100社待ち」とも
引いた視点から仮想通貨業界を見ると、金融庁に登録済みの取引所だけでなく、新規参入を目指す企業や、無登録で営業する海外の取引所など、さまざまなプレーヤ...
仮想通貨業界に参入予定の国内企業まとめ【2018年3月版】 | CRYPTO TIMES [クリプトタイムズ]
どうも、Aroe(@AroeCrypto)です。 誰もが知っているような大企業も続々と仮想通貨事業参入を発表しており、国内の新規参入予定企業は100社にも上ると言われています。 そこで今回は、仮想通貨業界への参入を発表し …

皆さんも一度は聞いたことのある企業が多いのではないでしょうか。

これほどの大企業が、2018年に入ってから一斉に参入を発表しているということからも、仮想通貨市場への期待が伺えますよね。

仮想通貨市場のこれから

2018年に入り、所定の基準に満たない仮想通貨取引所が規制されたり、行政指導を受けるなど、法整備に向けた動きが着々と加速しています。

また、3月に行われたG20では仮想通貨に関する議題が話し合われるなど、世界的にも「仮想通貨(cryptocurrency)」は話題になり、無視することのできないテクノロジーになりつつあります

2017年までに比べ、確実に「仮想通貨」の存在は世間に浸透してきていると言えます。

上述のように多くの企業が仮想通貨市場への参入を発表していることからも、これからさらに「仮想通貨」というものが社会に認知されていくことは必至です。

最近は相場が低迷していると言われていますが、だからこそ価格の低い今のうちに投資を始めることをオススメします。

おわりに

10000倍という価格上昇は仮想通貨といえども数少ない例ですが、年間で100倍・1000倍になるコインはかなりの数があります。

多くの企業も仮想通貨市場に注目していますし、今後投資家の増加に伴い、更にたくさんの仮想通貨が大きな値上りを見せることが予想されます。

仮想通貨投資はリスクは有限、リターンは無限です。

皆さんもぜひ仮想通貨投資を始めてみませんか?

さとさと💘

コメント