スポンサーリンク

【仮想通貨】ハードウェアウォレット人気3選を徹底比較!

はじめに

突然ですが、皆さんはどのように仮想通貨の保管をされていますか?

購入したまま取引所に置きっ放しにしている方や、オンラインウォレットに保管している方、ソフトウェアウォレットに保管している方など様々だと思います。

今回は、その中でも一番安全な保管方法である「ハードウェアウォレット」についてご紹介します。

ご自身の資産を守るためにもぜひご覧になってください。

ハードウェアウォレットとは

ハードウェアウォレットは、USBのような小さな端末に電子的に秘密鍵を保存するものです。

複数あるウォレットの中で、もっとも安全性が高いウォレットが「ハードウェアウォレット」です。

特徴は以下の通りです。

・インターネットから切り離した環境で保管する為、ハッキング等の心配がない
・紛失・故障しても秘密キーさえ覚えておけば復元が可能
・複数の種類の仮想通貨を入れておくことができる
・秘密キーを第三者に知られてしまわないように管理する必要がある
・秘密キー・ピンコードを忘れてしまった場合どうしようもない

PCやスマホに接続すれば簡単に利用できる利便性だけでなく、インターネットから切り離した環境で保存する為、ハッキングされる心配がないという大きなメリットがあります。

また、紛失・故障しても、秘密キーを残しておけば新しいハードウェアウォレットで復元することが可能です。

そして万が一盗まれたとしても中の情報にアクセスするのには「PINコード」の入力が必須なので資金が引き出される危険はありません。

▼様々なウォレットについての比較はこちら▼

【仮想通貨】ウォレットの種類を徹底解説【ホット?コールド?】
はじめに今回は仮想通貨をする上で必ず必要になってくる知識「ウォレット」について解説して行きます( ・∇・)🌼「ウォレット」とはその名の通り財布=仮想通貨を保管しておく場所です。複数の種類があるので

ハードウェアウォレットのメリット

安全性が非常に高い

「ホットウォレット」と呼ばれるウェブウォレットやソフトウェアウォレットの場合、常にインターネットにつながった状態にある為、ハッキングによって資産を失うリスクがあります。

しかし今回ご紹介する「ハードウェアウォレット」のようにインターネットから隔離された状態で保管を行う「コールドウォレット」はハッキングによるリスクがありません

その為、非常に安全性が高いといえます。

持ち運びが手軽

インターネットから隔離した状態で保管するというと外付けハードディスクのような仰々しいものを想像されるかもしれませんが、ハードウェアウォレットはUSBのようなサイズのものから、大きくてもスマホくらいのサイズです。

それさえあればどのPCからでもウォレットの操作が可能なので、非常便利であるといえます。

(紛失の可能性もあるので、むやみに持ち歩くことはオススメしません)

ハードウェアウォレットのデメリット

値段が高い

ハードウェアウォレットは、製品にはよるものの基本的に一万円以上するため他のウォレットを使用する場合に比べてやはり初期投資がかかります

仮想通貨を少額しか持っていない場合にはもったいないと思うかもしれませんが、ある程度の額の仮想通貨を所有している場合にはやはりハードウェアウォレットを使用することをオススメします。

一万円ほどの出費で自分の資産が守られるのであればそれに勝る安心はありませんよね

人気商品は品薄になりがち

人気のあるハードウェアウォレットは品薄の状態になっていることが多くあります。

特にこれからご紹介するような人気の高いハードウェアウォレットは品切れになっていることも少なくありません

いざ買おうと思った時に、公式サイトに在庫がない…なんて事にもなりかねないので、購入を検討されている方はできるだけ早めに在庫チェック・購入を行うことをオススメします

おすすめのハードウェアウォレット3選

LedgerNanoS(LedgerBlue)

◆対応仮想通貨(27種類)

Bitcoin / Ethereum / Litecoin / Fido U2F / Dogecoin / Zcash / Dash / Stratis / Ripple / Hello / BitcoinCash / Komodo / EthereumClassic / Posw / Ark / Expanse / Ubiq / Pivx / Vertcoin / Viacoin / Neo / Stealthcoin / BitcoinGold / Stellar / Hcash / Digibyte / Qtum

◆価格

約16,000円

 

1台で4〜5種類の仮想通貨を保管しておくことができます。

使い勝手がとてもシンプルで分かりやすいので、初心者の方には特にオススメのハードウェアウォレットです。

何といっても他のハードウェアウォレットに比べて対応銘柄数がダントツで多いのが特徴です。

2017年5月からRipple/XRP(リップル)の保管に対応したことで一躍人気になりました。

また、ビットコインの送信手数料が次にご紹介するTrezorよりも圧倒的に低い設定になっていることも特徴の一つです。(約24分の1です)

MyEtherWalletと連携してイーサリアム系トークン(Augerなど)も保管することが可能です。

購入はLedger社公式サイトもしくは日本唯一の正規代理店として認定されている株式会社Earthshipで可能です。

Amazonでも出品されていますが、出品者によってはハッキング用のマルウェアやコンピューターウイルスが仕込まれている可能性も否定できないのでオススメできません。

安全面から考えるとやはりLedger社公式サイトからの購入が一番オススメです。

Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン
当店ハードウェアウォレットジャパンは、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)その他のアルトコインに対応した暗号通貨ハードウェアウォレット『Ledger Nano S』の販売と日本語サポートを行っています。

【Ledgerblue】

◆対応仮想通貨(27種類)

LedgerNanoSと同じ

◆価格

約30,000円

Ledgerblueは対応仮想通貨はLedgerNanoSと同じですが、タッチパネルで操作が可能というメリットがあります。

その分約3万円程と購入費用が高くつきますが、タッチパネルの操作のわかりやすさから一定の人気があるのでこちらもオススメです。

Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン
当店ハードウェアウォレットジャパンは、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)その他のアルトコインに対応した暗号通貨ハードウェアウォレット『Ledger Nano S』の販売と日本語サポートを行っています。

Trezor

◆対応仮想通貨(10種類)

Bitcoin  / BitcoinCash / BitcoinGold / Ethereum / EthereumClassic / Monacoin / Litecoin / Dash / Zcash(ZEC) / Nem

◆価格

約15,000円

Trezor(トレザー)は、先ほどご紹介したLedgerNanoSと並んで非常に有名なハードウェアウォレットです。カラーがブラックとホワイトの2色から選べます。

MyEtherWalletと連携してイーサリアム系トークン(Augerなど)も保管することが可能です。

先ほどのLedgerNanoSに比べてハードウェアウォレットの液晶が大きい為、ボタンが押しやすく非常に操作がしやすいという点が人気です。

デメリットとしては先ほどご紹介したLedgerNanoSに比べるとBTCの送金手数料が割高であるということが挙げられます。

こちらもLedgerNanoSと同様に公式サイトもしくはAmazonで購入が可能ですが、やはり安全面から公式サイトでの購入をオススメします。

TREZOR Hardware Wallet
TREZOR is the hardware wallet for your digital life

◆KeepKey

◆対応仮想通貨(7種類)

Bitcoin / Bitcoin Cash / Ethereum / Litecoin / Dogecoin / Dash / Namecoin

◆価格

約18,000円

KeepKeyはスタイリッシュでデザイン性が非常に高いことから人気のハードウェアウォレットです。

パソコンで使えるウォレットアプリ「MultiBit HD」に対応しており、使い勝手がいいと言われています。

また送金速度を自分で設定できる為、急ぎの場合でなければ「ゆっくり」の設定に指定することで手数料を最低限に抑えることも可能です。

こちらも先述のハードウェアウォレットと同様に公式サイトもしくはAmazonで購入が可能ですが、やはり安全面から公式サイトでの購入をオススメします。

KeepKey: The Simple Bitcoin & Cryptocurrency Hardware Wallet
KeepKey: The Simple Bitcoin & Cryptocurrency Hardware Wallet

ハードウェアウォレットで保管をする際の注意点

ハードウェアウォレットで仮想通貨を保管する際には注意すること3つがあります。

資産を安全に保管するためにも、ハードウェアウォレットの購入前に必ずチェックしておいてください。

①ウォレットが対応している仮想通貨を事前に確認しておく
②購入元に注意をすること
③復元のための暗証番号を控えておくこと

大事なことなのでひとつひとつ詳しく説明していきます。

ウォレットが対応している仮想通貨を事前に確認しておく

これはハードウォレットだけでなく仮想通貨のウォレット全般に言える話ですが、ウォレットはすべての仮想通貨に対応しているわけではありません

その為、ウォレットを選ぶときには自分が保管したい通貨に対応しているのか必ず事前に確認しておく必要があります。

購入元に注意をすること

仮想通貨のハードウェアウォレットは確実な購入元から購入することが必須です。

ハードウェアウォレットはAmazonなどの通販サイトや、ヤフオク・メルカリなどのオークションサイトでも入手することは可能です。

しかし安全面から考えるとオークションサイトでの購入は絶対にオススメできません

Amazonでの購入も、Amazon自体が販売しているものであればいいのですが、Amazonを通じて他の一般のストアが出店しているものも多くあるので注意が必要です。

一番安心なのはやはり「公式サイト」から購入することです

他のサイトから購入する場合に比べて、多少割高になってしまう可能性もありますが、資産を保管するという面から見ると、「安全性」に勝るものはないのではないでしょうか。

復元のための暗証番号を控えておくこと

ハードウェアウォレットは、USBのような小さな端末に電子的に秘密鍵を保存するものです。

つまり「仮想通貨をハードウェアウォレットに保管する」ということはハードウェアウォレットの中に仮想通貨がぽーんと入る訳ではなく、「ハードウェアウォレットの中に、仮想通貨の残高を証明するブロックチェーンへアクセスするための秘密鍵を保管する」ということです。

その為、ハードウェアウォレット自体が紛失・破損してしまった場合でも、ハードウェアウォレットの復元のための暗証番号があれば資産を復元することが可能です

資産を守るためにも必ずハードウェアウォレット復元の暗証番号は控えておきましょう。

おわりに

仮想通貨投資を行っていく上で「資産の管理」は非常に大事な課題です。

様々な種類の仮想通貨ウォレットがありますが、安全面から考えると圧倒的に安心なのが「ハードウェアウォレット」です。

ランキングにもありましたが、やはり私も今回ご紹介した人気3種の中では、取扱銘柄の多さ使い勝手の良さ、送金手数料の安さなどから「LedgerNanoS」がオススメです。

他のソフトウェアウォレットなどと比較するとやはり高価ではありますが、資産を安全に保管をするためには必要な初期投資として、ぜひハードウェアウォレットを購入・利用することをオススメします。

さとさと💘

コメント