スポンサーリンク

【カタパルト】mijin・ハーベストで話題の仮想通貨『NEM(ネム)/$XEM』の将来性・購入方法・取引所・チャートをまとめました

はじめに

今回はメジャーアルトコイン「NEM(ネム)/$XEM」について解説していきます٩( ‘ω’ )و

仮想通貨を知っている方なら誰もが一度は耳にしたことがあるであろう「NEM(ネム)/$XEM」ですが、みなさんはどれぐらい詳しくご存知ですか?

2018年1月のコインチェック事件で一躍有名になったので知っている方も多いのではないでしょうか。

「NEM(ネム)/$XEM」がどのようなコインなのか、その特徴と将来性、チャートや取り扱い取引所について今回はご紹介します。

NEM(ネム)の基本情報

通貨単位 XEM(ゼム)
発行上限枚数 8,999,999,999XEM(約90億枚)
承認アルゴリズム Ploof-of-Importance
公開日 2015年3月31日
公式サイト https://nem.io/
公式ツイッター @NEMofficial

 

NEM(ネム) とは「New Economy Movement(新しい経済活動)」を意味しています。

金銭的な自由と平等、分散、連帯感の原則のもと新しい経済活動を起こすということを目的としたプロジェクトとして始まりました。

発行される仮想通貨の単位は「XEM(ゼム)」です。

総発行量は8,999,999,999XEMですでに全て発行済みです。

そのため、ビットコインでいうマイニング(採掘)などがなく新規発行はありません。

その代わり、ネットワーク貢献者への報酬はハーベスティング(収穫)という形で分配される仕組みになっています。

それではまずはお馴染みWikipediaの解説から見てみましょう٩( ‘ω’ )و

NEM(ネム)とは、2015年3月31日に開始され、Javaで書かれたP2P暗号通貨である。NEMは高度に分散化した形になることを目標にしており、重要度証明(POI)アルゴリズムでブロックチェーン技術の新機能を導入した。

NEMには、P2Pセキュアなマルチシグ(多重署名)アカウント、暗号化メッセージングシステム、Eigentrust++評判システムが組み込まれている。 NEMのテクノロジーは、日本の金融機関や民間企業が試験しているプライベートブロックチェーンMijinで使用されている。(Wikipediaより引用)

難しいですね・・・(╹◡╹)

一言で言うと「ビットコインの弱点を克服してバージョンアップさせた通貨」です。

それでは「NEM/$XEM」についてより詳しく解説して行きます。

NEM(ネム)/$XEM の特徴

NEM(ネム) の特徴は大きく分けて5つあります。

・Proof-of-Importance(PoI)を採用している
・ハーベスティング
・mijin
・カタパルト
・トランザクション処理にかかる時間が圧倒的に早い

それではひとつひとつ詳しく見ていきましょう٩( ‘ω’ )و

Proof-of-Importance(PoI)を採用している

仮想通貨の承認システム(承認アルゴリズム)として有名な3つを比較してみましょう。

・仕事量(計算量)が多い人ほどマイニング報酬を得やすいProof of Work(PoW)
・コイン保有量が多い人ほどマイニング報酬を得やすいProof of Stake(PoS)
・コインに最も「貢献」している人ほど報酬を得やすいProof of Importance(PoI)

この中で資産力に関係なく一番平等だと言われるのが「NEM/$XEM」に採用されている「Proof of Importance(PoI)」です。

Proof of Work(PoW)」はビットコインで使われている承認システムです。

仕事による証明」とも呼ばれ、たくさん働いた人が取引が正しいかどうかを判断する、という仕組みになっています。

Proof of Stake(PoS)」はイーサリアムで使われている承認システムです。

こちらは「保持による証明」とも呼ばれ、たくさん保有している人が正しさを判断することになります。

どちらの承認システムも、多くの仮想通貨で使われているものですし非常に有用なシステムですが、どちらにもデメリットがあります。

ビットコインで使われている「Proof of Work(PoW)」の場合は、大量の電力を消費するため「エコではない」ということ。

イーサリアムで使われている「Proof of Stake(PoS)」は多く保有する人が有利になるので、資産のある人のところに更に資産が集まるという「富の集中化」が起こってしまうということ。

そういったものを改善しよう、ということで考えられたのがNEM(ネム)に採用されている承認システム「Proof of Importance(PoI)」です。

これは「重要性による証明」と呼ばれています。

この新たな承認システムにより、より多くの人がブロックチェーンの維持・管理に簡単に参加できるようになっています。

先ほど述べたようにProof-of-Importance(PoI)とはコインに最も「貢献」している人ほど報酬を得やすい仕組みになっています。

この仕組みを富の再分配と呼びます。

「貢献」とは、コインの”保有量”だけではなく、コインの”使用量”も含めて総合的に判断されます。

そのため、通貨の保有量が多いとか、マイニングができる設備を所有しているなどの資金力には左右されず、コインを積極的に使用している人に報酬が与えられるという「エコ」かつ「平等」な承認システムです。

資金力に関係なく報酬が分配されることから「富の集中化」も起こりづらいと言えます。

ハーベスティング

NEM(ネム)の場合、発行上限枚数の8,999,999,999XEM(90億枚)はすでに発行済みなので、ビットコインのようなマイニング作業(採掘)はありません。

そのかわりに、NEM取引の承認作業をしてくれる人にはマイニング報酬の代わりの「取引手数料」が報酬として与えられます。

これを「ハーベスティング(収穫)」と呼びます。

NEM(ネム)の取引承認は1分に1回行われていて、1分ごとにNEM保有者の誰かにランダムでハーベスト報酬が与えられています。

また、ランダムといってもみんなが同じ確率というわけではありません。

先述のようにNEM(ネム)への貢献度が高い=よく使っている人ほど当選確率が高くなるように設定されています。

◆ハーベストに参加する2つの条件

ハーベストはだれでも参加可能ですが、2点条件があります。

・10,000XEM以上を保有
・Vested Balanceが10,000XEM以上

(Vested Balanceとは・・・所有日数が長くなると貰える「既得バランス」と呼ばれる値)

ビットコインやイーサリアムは、資金力がありコインの大量所有や高額な設備投資ができる大企業でないとマイニング報酬を得ることは難しいですが、NEM(ネム)のハーベストならばいち個人でも平等に報酬を得ることが可能です。

Mijin

「mijin」とは、日本の国内取引所Zaif(ザイフ)を運営するテックビューロ株式会社が開発しているプライベートブロックチェーンを作るソフトウェアのことです。

▼ブロックチェーンの基本的な仕組みについてはこちら▼

【徹底解説】ブロックチェーンってなに?
はじめに今回は仮想通貨を語る上で欠かせないシステム「ブロックチェーン」について、初心者の方にもわかりやすく解説していきます。「ブロックチェーン」というと仮想通貨を初めてすぐに耳にする言葉だと思いますが、実際よくわからない

「mijin」はZaifと NEM(ネム)の開発者が共同で開発を行なっている為、「mijin」にはネムのシステムが利用されています。

その為、ネムのシステムはmijinで使うことができ、mijinのシステムも NEM(ネム)で使うことができるというつながりの深い連携型のプロジェクトになっています。

それでは「mijin」について詳細を見ていきましょう。

ビットコインなどの「パブリックブロックチェーン」は、インターネットに接続できさえすればだれでもブロックチェーンのネットワークに参加することができるというオープンな作りになっています。

その仕組みが、「分散管理型」と呼ばれる中央管理者のいないネットワーク構築の鍵となっています。

特定の中央管理者がいないということは、管理を分散することでハッキングやシステム自体のトラブルによるサービス停止のリスクが非常に軽減される為メリットが大きいのですが、その反面、誰でもアクセスが可能ということから悪意ある何者かの攻撃を受けるリスクもあると言えます。

そこでそのリスクを減らすために、ブロックチェーンを利用できるのを許可された特定のユーザーのみに限定することで、ブロックチェーンをプライベート化するということが「mijin」の特徴です。

ブロックチェーンの利点を活かしつつ、セキュリティを強化しようという狙いがあります。

さらにmijinは、スマートコントラクトの機能も搭載されています。

その為、mijinを活用することでネムのブロックチェーン上に簡単に記録することが可能です。

▼スマートコントラクトについてはこちら▼

【徹底解説】スマートコントラクト(スマコン)ってなに?
はじめに今回は仮想通貨の技術「スマートコントラクト」について解説していきます。よく「スマコン」と略されますね。聞いたことはあるけどイマイチよくわからない...という人も多いのではないでしょうか。私も最近ま

ここまで少し難しい説明をしてきましたが、一言でいうと「mijin」はブロックチェーン技術をより安心に、そして簡単に誰もが使えるようにしようというプロジェクトです。

▼Mijinについて紹介している公式動画があるのでぜひチェックしてみてください▼

ちなみに「mijin」という名前は、かつて日本の忍者が使っていたとされる武器の「微塵(みじん)」が由来になっていると言われています。

カタパルト

カタパルトはNEM(ネム)の中に実装される大型アップデートとそのプロジェクトのことを指します。

カタパルトが実装されることでネムの機能が大幅にアップすることが期待されています。

カタパルトの大きな特徴は2つあります。

・取引スピードのUP
・スマートコントラクトの実装

カタパルトは、まずは先ほどご紹介した「mijin」に実装された後に、次いでNEM(ネム)に実装予定となっています。

NEM(ネム)へのカタパルト実装は2018年中に行われる予定で、2018年3月25日にカタパルトβ版についての発表がありました。

3/25に発表されたカタパルトのベータ版は、NEM(ネム)の前に搭載されるmijin(NEMのプライベートチェーン)の実装に関するもので、NEM(ネム)にカタパルトが本格的に実装になるのは現時点だと5月頃になる予定だということです。

ちなみに今回のmijinに搭載されるカタパルトβ版の発表だけでXEMの価格にも大きな影響があったので、本格的にNEMに実装されるとなると5月に大きく価格上昇するかもと期待がもてますよね(о´∀`о)

トランザクション処理にかかる時間が圧倒的に早い

先ほど説明した「カタパルト」が実装されれば、NEM(ネム)の送金スピードは他の通貨とは一線を画した早さになります。

他の有名通貨と比較してみましょう。

◆1秒あたりに処理できる取引数
ビットコイン:14件/秒
イーサリアム:15件/秒
リップル:1500件/秒
ネム(カタパルト実装):4000件/秒

ビットコインなどと比較され「処理速度が圧倒的に早い」と言われているRipple(リップル)の更に倍以上の早さです。

ちなみにクレジットカード決済ブランドとして世界的に有名な「VISA」の処理速度がおよそ5000件/秒なので、そのVISAに並ぼうとするほどのスペックになります。

クレジットカード決済ってものの数秒でできますよね。

そう考えるとカタパルト実装後のネムの「4000件/秒」というのがどれほどの処理スピードなのかイメージしやすいのではないでしょうか。

現在の価格について

NEM(ネム)/$XEM は2017年12月から価格が急上昇し、2018年1月には一時200円を超える価格を記録しました。

しかし、その後ビットコインをはじめとした仮想通貨市場全体の暴落や、コインチェックのネム流出事件を受け価格が下落、2018年4月11日現在約25円程となっています。

どこで購入できるの?

NEM(ネム)/$XEMは以下の取引所で取り扱っています。
・Zaif
・DMM Bitcoin
・Coincheck(※安全が確認できるまでは利用をお勧めしません
・Bittrex
・HitBTC
・Huobi
・OKEx
・Poloniex
・Upbit

国内・海外ともに複数の取引所でNEMを取り扱っています。

国内取引所で取り扱いがあるのは日本円でそのまま取引が可能ですし、とても便利ですよね。

わたしは「mijin」の共同開発をおこなっていることからZaifで購入しています。

▼Zaifの登録方法はこちら▼

国内仮想通貨取引所"Zaif(ザイフ)"の特徴・口座開設方法を解説!
はじめに今回はマイナス手数料の国内取引所「Zaif(ザイフ)」の口座開設の方法についてご紹介します。Zaifは「マイナス手数料」の取引所です。通常の取引所では取引をする度に手数料がかかりますが、Zaifでは取引をする度に

おわりに

今回は NEM(ネム)/$XEM について解説していきましたがいかがでしたか?

コインチェックの流出事件で一躍名を知られることになってしまいましたが、通貨自体は非常に将来性があるものだと感じました。

5月頃には大型アップデートである「カタパルト」も控えていますし、実際に搭載されると他の通貨とは一線を画した送金スピードが実現するので、これからの価格上昇が期待できるのではないでしょうか。

さとさと💘

コメント