スポンサーリンク

【PrivacyCoin】匿名通貨の未来とプライバシーについて徹底解説!

はじめに

マネーロンダリングや脱税への懸念など何かと注目を浴びることが多い「匿名通貨」ですが、皆さんは近い将来に訪れるであろう仮想通貨を実際に利用する際のイメージはお持ちでしょうか?

今回は匿名通貨・非匿名通貨という区分でプライバシー・取引の透明性などといった観点からメリット・デメリットを解説したいと思います。

匿名通貨とは

匿名通貨と呼ばれないコインについて

今回はこの種類のコインを便宜的に「非匿名通貨」と呼びます。

現在の仮想通貨市場の多数は非匿名通貨が占めています。(最も有名なものだとビットコイン等)

非匿名通貨はその名の通り、仮想通貨界でいう匿名性を持たない通貨です。

ただし、誤解のないように先にお伝えすると非匿名通貨もある程度のプライバシー保護機能は持っています。

というのも、特定のコインの取引(トランザクション)の流れはブロックチェーン上に全て記録され、取引とアドレス(ウォレット)などの情報は全て繋がっています。

しかし、その記録される情報の中には利用者の個人情報は含まれません。

取引(トランザクション)に載る情報の例

○月○日→○○というアドレスへ→○○BTCが送金された

このような取引記録には「誰が、誰に」という情報はありませんよね。あくまでアドレスの文字列が情報として載るだけです。

つまり、原則的に全ての仮想通貨は個人情報を守る機能がついています。

ただし、後述しますが実際に非匿名通貨の利用上、プライバシー保護できているかという点には疑問が残る部分もあります。

匿名通貨と呼ばれるコインについて

対して匿名通貨は様々な技術を用いてより強力な匿名性を持ちます。

技術の一つとしてPrivateSendをいう例を挙げるならば、非匿名通貨の部分で説明した「取引(トランザクション)に載る情報」自体を他人のものとごちゃ混ぜにすることにより一つ一つの取引とアドレスが繋がりを持たない仕組みになっています(記事上部のイラストに図を載せていますのでご覧ください)

基本的には匿名通貨を利用する取引では個人情報の介在する余地はほとんどなく、プライバシーに関してはかなり強力に守られているといって良いでしょう。

しかし、その便利さが災いしマネーロンダリングや脱税などに利用される可能性があるという懸念点もあります。

銘柄としては、DASH、MONERO、ZCASH、VERGEなどが有名です。

非匿名通貨の問題点

先述の通り、全ての仮想通貨は基本的な個人情報保護機能は有しています。

ただし、非匿名通貨は全ての取引とアドレスがブロックチェーン上で結ばれていることから、一度その所有者個人と取引やアドレスが紐づけられてしまうと、資金の動きやアドレスの残高は全てが筒抜け状態となってしまいます。

では、どのような状況で所有者個人が紐付けられ、取引などが筒抜けとなるのでしょうか。意外と簡単な話ですがいくつか例を出します。

・服屋さんや電器屋さんなどの実店舗で仮想通貨決済を行う→その店舗の従業員が店の顧客データベースと照合する

・仮想通貨取引所に個人情報を提供する→取引所ハッキングにより個人情報が流出する

・友人と飲食し仮想通貨を用いて自分の飲食代を払う→友人が送信元のアドレスから、取引記録を追う

このような日常的な取引でも所有者個人とブロックチェーン上の情報は結びついています。
そしてその情報を悪意を持って利用されるといろいろな危険性が浮かび上がってきます。

例えば、「既に個人が特定されている取引記録から大量保有者を割り出して強盗・恐喝をする」などは犯罪を実行する立場からすると非常に効率が良いとも言えますよね。

実際に海外ではそういったブロックチェーンの特性を悪用した強盗事件が起こっています。

もちろん個人情報が他人の手に渡ったからといって必ずしも上記のような事件と繋がるとは限りませんが、非匿名通貨はそういったリスクを常に背負っていることは認識しておくべきだと考えます。

 

POINT日本円の現金(キャッシュ)は非常に強い匿名性を持つことをご存知ですか?

現金には取引の記録などは一切されていませんからね。(1万円札をじーっと見てみても資金の動きはわかりません)

そういう点では、匿名通貨は今までの通貨のカタチと似ている部分もあるのかもしれません。

非匿名通貨のメリット

今まではリスクばかり訴えてきましたが、非匿名通貨の取引の透明性が活きる場面もあります。

慈善事業団体などが寄付を受け付ける際に資金の流れをわかりやすくするために非匿名通貨を利用するケース

政治団体などの支出に関する資金使途の透明性を確保したいケース

外部に敢えて公開することで取引の正当性を証明するといった使い方はブロックチェーン技術を非常に有効に活用していると言えますね。

終わりに

個人的には「匿名通貨」という言葉は必要以上にネガティブな面を強調している所があるので、海外で使われているような「PrivacyCoin(プライバシーコイン)」という呼び方を普及させるべきだと感じます。

正直なところ実際の日常利用も含めた決済用途として仮想通貨を使うとなると、匿名性は必須の機能です。

個人情報保護にうるさいこの時代ですし、やはり資産に関わる情報が周りに伝わるリスクは極力排除した上で安全・快適な仮想通貨ライフを送りたいですね(°▽°)

さとさと💘

コメント