スポンサーリンク

【仮想通貨投資家向け】住信SBIネット銀行のメリット・口座開設方法

はじめに

仮想通貨をはじめるにあたって、まずはじめに国内の仮想通貨取引所に日本円を入金する必要があります。

元々ご自身が利用している銀行からの振込も可能ですが、手数料がかかったり、入金・出金が可能な時間帯が制限されていたりと何かと不便な時ってありますよね?

そんな時にオススメなのが、今回ご紹介する「住信SBIネット銀行」です。

住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行へようこそ。定期預金、外貨預金、住宅ローン、カードローンなどのサービスやキャンペーンが充実した、初心者にもおすすめできるネット銀行です。

「住信SBIネット銀行」は仮想通貨投資家にとってたくさんのメリットがあるので、ぜひ「住信SBIネット銀行」の口座開設をしておくことをオススメします。

住信SBIネット銀行について

基本情報

「住信SBIネット銀行」は「三井住友信託銀行」と「SBIホールディングス」が共同で出資してできたネット専用の銀行です。

住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行へようこそ。定期預金、外貨預金、住宅ローン、カードローンなどのサービスやキャンペーンが充実した、初心者にもおすすめできるネット銀行です。
社名 住信SBIネット銀行株式会社
資本金 310億円
設立日 1986年6月3日(住信オフィスサービス)
事業内容 銀行業(インターネット専業銀行)

 

利用できる国内仮想通貨取引所

また、住信SBIネット銀行を利用できる国内仮想通貨取引所は以下の通りです。

・bitFlyer(ビットフライヤー)
・Zaif(ザイフ)
・coincheck(コインチェック)
・bitbank.cc(ビットバンク)
・GMOコイン
・QUOINEX(コインエクスチェンジ)
・BITPoint(ビットポイント)

ほとんどの取引所で利用できることがわかると思います。

SBIグループは仮想通貨仲介事業にも参入するとされていますし、仮想通貨に対して非常に柔軟な対応をしていますね。

なぜ仮想通貨取引で利用すべき?メリットは?

それでは以下「住信SBIネット銀行」を仮想通貨投資で利用するメリットを挙げていきたいと思います。

住信SBIネット銀行同士の振込は夜間・土日も反映される

これが何より最高のメリットです!

銀行は夜間や土日に振込が反映されないのは当たり前かと思いますが、住信SBIネット銀行同士の振込は基本的にどんな時でも即時反映されます。

仮想通貨市場は非常に値動きが大きく、「1日経ったら何倍にも高騰していた・・・」なんてことはしょっちゅうです。

住信SBIネット銀行を使ってさえいれば、このリスクは抑えられますね。

手数料が業界最安水準

住信SBIネット銀行はその名の通りネット専用の銀行です。

その為、通常の銀行を利用する際にかかるコストがかなりの割合で削減できます。

・住信SBIネット銀行同士での振込手数料は何回でも無料
・ATMでお金を下ろすのが最大15回まで無料
・他行宛振込手数料が無条件で最大15回まで無料

このように手数料無料の範囲が非常に広く、個人が仮想通貨投資に利用する分ならばほとんどが無料の範囲内が収まる方が多いのではないでしょうか。

どうせ仮想通貨をするなら、少しでも元本を減らさずに投資に回したいですね。

預金金利が高い

現在はマイナス金利政策により、預金金利が非常に低く設定されています。

しかし、住信SBIネット銀行では「SBIハイブリッド預金」という商品があり、通常の銀行の10倍ほどの金利が設定されています。(2018年3月時点)

フィアットを退避させるために普通預金は必ず利用しますから、少しでも金利が高い口座を開設しておきましょう。

iDecoや外貨預金、ローンなどのサービスが非常に充実している

銀行は色々なサービスが利用できますが、住信SBIネット銀行は他行と比べて各サービスのレベルが非常に高いです。

他国の通貨を購入できる外貨預金の品揃え、ローンの金利、イデコの手数料などどれをとっても天下一品です。

私は銀行関係のサービスを利用するのであれば、基本的に全て住信SBIネット銀行を利用しています。

銀行をまとめると管理面も楽ですからね。

複数のサービスを利用することで、住宅ローンの金利優遇などの様々な特典が受けられる

サービスをまとめると、上記の管理面が楽というメリットもありますが、実利として様々な優遇が受けられるという点もあります。

例えば、金利が非常に安いことで有名な「MRカードローン」という商品に関しては以下の条件で優遇が受けられます。

ミライノカード保有で引き落とし口座設定 年利0.1%引下
SBI証券口座保有登録済又は、住宅ローン残高有 年利0.5%引下
上記2条件を両方を満たす場合 年利0.6%引下

このように複数のサービスで住信SBIネット銀行を利用することで非常に大きな優遇を受けることができます。

SBI証券と連携しており、仮想通貨以外の金融商品の購入がカンタン

仮想通貨投資がうまくいって大きな利益が出ることがあると思います。

もちろん、円に戻して置いておくことも一つの方法ではありますが、「どうせ使い道が決まっていないお金ならば運用しよう!」と考えられる方も多いのではないでしょうか。

そんな時に考えられる投資は基本的に株か投資信託、外貨預金などの運用商品ですよね。

住信SBIネット銀行とその提携会社のSBI証券の運用商品数は他の金融機関と比べても圧倒的です。

(ちなみに私が某証券会社に勤めていたときは、住信SBIネット銀行で取引しているという顧客に対しては営業を即諦めていました笑)

住信SBIネット銀行のデメリット

デメリットはただ一つ!支店がありませんから、何かトラブルが発生した際に駆け込む場所がありません!

実店舗の存在は、確かに一つの安心材料にはなります。ただし、仮想通貨取引をできる方って最低限の金融知識・ネットリテラシーをお持ちの方が多いと思うので、この記事をお読みの方に対しては大したデメリットにもならない気もします笑

口座開設の手順

口座開設には「オンライン口座開設」「郵送での口座開設」の2つの方法があります。

より早く手続きが終わる「オンライン口座開設」をオススメします。

(「顔写真付き本人確認書類」(免許証など)を持っていない場合は郵送での口座開設になります)

 

それでは今回はオンラインでの口座開設の方法を解説していきます。

 

口座開設の申込をしよう

①まずは「住信SBIネット銀行」のサイトにアクセスしましょう

住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行へようこそ。定期預金、外貨預金、住宅ローン、カードローンなどのサービスやキャンペーンが充実した、初心者にもおすすめできるネット銀行です。

「口座開設のお申し込みはこちら」をクリックします

「オンライン口座開設」をクリック

本人確認書類を選択して「次へ進む」をクリックします。

(わたしは運転免許証を選択しました)

「居住国の選択」をしましょう

 

⑥口座開設の確認事項をチェックして、OKであれば「同意する」をクリックします

 

個人情報を入力しよう

ここからは個人情報の入力です。

①上から順番に全て入力していきます。

赤色になってる部分は必須項目なので特に漏れがないように注意しましょう。

 

②再びいくつかの同意書を確認します。

投資に関する質問に答えましょう

オッケーだったら「次へ」

④ネットローンの案内は申し込まなくて大丈夫です

⑤今まで入力した内容を確認しましょう。問題がなければ「次へ」

⑥あとはID(ユーザーネーム)とパスワードの入力で、入力事項は終わりです

 

以上で全ての入力が終わりました

お疲れ様でした(*´◒`*)🌼

 

郵送による本人確認の手続きをしよう

1週間ほど待つと、キャッシュカードが送られてきます。

キャッシュカードの受け取りが完了すると「住信SBIネット銀行」を自由に使えるようになります٩( ‘ω’ )و

 

おわりに

今回は「住信SBIネット銀行」の口座開設方法について解説しました。

「ネット銀行」というとイマイチよくわからない・・・と苦手意識を持っている方もいらっしゃる方もいるかもしれませんが、口座開設自体は簡単に行うことができ、UIも非常に使いやすい仕組みになっています。

手数料がかからないことや24時間いつでも入出金が可能などの点を考慮すると、仮想通貨投資家の皆さんは必ず口座開設をしておくことをお勧めします。

申込から住所確認書類の到着まである程度時間がかかりますから、申込はお早めに!

▼口座開設はこちらから▼

住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行へようこそ。定期預金、外貨預金、住宅ローン、カードローンなどのサービスやキャンペーンが充実した、初心者にもおすすめできるネット銀行です。

さとさと💘

コメント