スポンサーリンク

【徹底解説】スマートコントラクト(スマコン)ってなに?

はじめに

今回は仮想通貨の技術「スマートコントラクト」について解説していきます。

よく「スマコン」と略されますね。

聞いたことはあるけどイマイチよくわからない…という人も多いのではないでしょうか。

私も最近までなんとなくしか理解できていませんでした_(┐「ε:)_

身近な例に置き換えて考えてみたらとても分かり易かったので、例をあげて初心者の方にもわかりやすいように説明して行きますね。

それでは早速みていきましょう٩( ‘ω’ )و

スマートコントラクト(スマコン)ってなに?

スマートコントロールとは

まずはとりあえずウィキペディアの解説を見てみましょう。

スマート・コントラクト(Smart contract)とは、契約のスムーズな検証、執行、実行、交渉を意図したコンピュータプロトコルである。スマートコントラクトには第三者を介さずに信用が担保されたトランザクションを処理できるという特徴がある。1994年にNick Szaboにより提唱された。ブロックチェーンおよび暗号通貨の主要な用途の一つでもある。(Wikipediaより引用)

なんかすごい技術なんだろうなぁという印象ですが、イマイチよくわからないですね。

スマートコントラクトを理解するには、まずは仮想通貨の根幹の技術である「ブロックチェーン」について理解する必要があります。

「ブロックチェーン」についてはこちらの記事でわかりやすく解説していますので参考にしてみてください。

【徹底解説】ブロックチェーンってなに?
はじめに今回は仮想通貨を語る上で欠かせないシステム「ブロックチェーン」について、初心者の方にもわかりやすく解説していきます。「ブロックチェーン」というと仮想通貨を初めてすぐに耳にする言葉だと思いますが、実際よくわからない

スマートコントラクトはブロックチェーンのシステム上で取引を行う技術です。

この技術はメジャーアルトコインのイーサリアム(ETH)などにも搭載されています。

具体例

それでは車の売買を例としてもう少し詳しく見てみましょう🚗

まず、現状一般的に行われている取引では、個人間売買よりも売り手と買い手の間に中古車販売店などの仲介が入ることが多いですよね。

あえて二者間の取引に第三者を介入させることで取引の信頼性を保証させているということです。

しかし、この方法だと契約書を作成する手間や取引の信頼性の担保を第三者に担わせる為、余計なマージンを抜かれてしまうという大きなデメリットがあります。

そこでそのデメリットを解消するテクノロジーが「スマートコントロール」です。

スマコンを利用した取引は以下のようになります。

①Bさんが車の所有者であるということをブロックチェーン上に記録する
②Bさんが車を10ETHで売却する旨をブロックチェーン上に記録する
③AさんがBさんの車を購入する為に10ETH送金する
④自動的に車の所有権がBさんからAさんに移転されたことがブロックチェーン上に記録される

つまり、「車の代金の支払いが行われると同時に買い手に車の権利が自動で移転する」という事実がスマートコントラクトを利用することでブロックチェーン上に記録されるということです。もちろんこの取引には第三者は介入しません。

もし万が一車が送られてこないということがあってもブロックチェーン上の記録が実際の契約書の代わりとなり、購入者を保護します。

第三者が入ったり契約書を作ったりする手間もなくスムーズに取引が完了し、その記録が自動的にブロックチェーン上に記録されるというのはとても便利ですよね。

POINT「スマートコントラクト」とはブロックチェーン上で自動的に取引を行う技術。
取引は第三者不要で行われブロックチェーンの上に自動で記録される。

おわりに

今回は「スマートコントラクト」について解説していきましたがいかがでしたか?

一見難しい言葉も身近な例に置き換えて考えてみると意外とわかりやすいですよね( ・∇・)

仮想通貨にはブロックチェーンシステムを始め様々な技術が使われているので、ひとつひとつ理解していくことで仮想通貨の未来もより想像しやすくなるのではないでしょうか。

スマートコントラクトのような、従来のシステムをより便利に変えていく技術が普及していくといいですね٩( ‘ω’ )و

 

さとさと💘

 

コメント