スポンサーリンク

【仮想通貨】ウォレットの種類を徹底解説【ホット?コールド?】

はじめに

今回は仮想通貨をする上で必ず必要になってくる知識「ウォレット」について解説して行きます( ・∇・)🌼

「ウォレット」とはその名の通り財布=仮想通貨を保管しておく場所です。

複数の種類があるので、それぞれの特徴とメリット・デメリットをわかりやすく説明しますね٩( ‘ω’ )و

 ホットウォレットとコールドウォレット

仮想通貨を保管する「ウォレット」の種類はオンライン・オフラインともに複数ありますが、大きく分けて2つのタイプに分けられます。

・ホットウォレット(オンライン)
・コールドウォレット(オフライン)

2018年1月末に起こったコインチェックのハッキング事件の際にも話題になったので、聞いたことのある方も多いのではないでしょうか_(┐「ε:)_

コインチェックに関する報道では、「コールドウォレット」ではなく「ホットウォレット」に仮想通貨を保管していたことがハッキング被害にあってしまった原因とされていますが、「ホットウォレット」が悪いわけではありません。

どちらもメリット・デメリットがあるためなくてはならないものです。

それでは、それぞれの違いについて説明していきます٩( ‘ω’ )و🌟

ホットウォレット

常時ネットワークに接続されているウォレットのことです。

仮想通貨をネットワーク上で保管しておくことを「ホットストレージ」と言い、その保管場所のことを「ホットウォレット」と言います。

「ホットウォレット」の具体例

・ウェブウォレット(取引所)
・オンラインウォレット(インターネット上)
・ソフトウェアウォレット(PC)
・モバイルウォレット(スマホ)

取引所のウォレットに購入後そのまま置いておくことや、ブラウザアプリのウォレット、スマホのアプリのウォレットのことを言います。

メリット
・オンライン状態なので送金等の処理をいつでもすぐに行うことができる
・ネットワークに接続されているので外部から操作することが可能
・QRコードの読み込みでの送金・受け取りが可能
・パソコンがなくてもスマホから送金等の処理が可能
デメリット
・ネットワークに不具合があった場合にアクセスができなくなる
・ハッキングなどの外部からの攻撃による盗難のリスクがある

仮想通貨の取引をする際には、かならずインターネットへの接続を行います。

その為、頻繁に取引や決済を行う場合には、ホットウォレットを利用している方がよりスムーズに手軽に取引を行うことが可能です。

しかし「ホットウォレット」は常にインターネットに接続された状態にあるため、24時間常に不正アクセスによるリスクがあることを覚えておかなければいけません。

また、多くの仮想通貨取引所では2段階認証や複数の秘密鍵を利用する「マルチシグ」を導入して、不正アクセスへの対策を行っていますが、それでも絶対的に安全であるとは言い切れません。

その為、ホットウォレットにいれておく仮想通貨は少額にしておくことをオススメします。

コールドウォレット

「ホットウォレット」に違い、ネットワークから隔離されたウォレットのことです。

仮想通貨をインターネットから切り離された場所で保管しておく事を「コールドストレージ」とい、その保管場所のことを「コールドウォレット」といいます。

「コールドウォレット」の具体例

・ハードウェアウォレット(仮想通貨保管専用の端末)
・ペーパーウォレット(紙に印刷)

USBのような形状をした専用の端末や、自分で紙に印刷する事で保管する方法があります。

メリット
・鍵の管理をきちんとすれば安全
・インターネットから切り離された状態で保管するため、ハッキングの危険がない
デメリット
・取引や送金等をするのにネットワークに接続する手間がかかる
・コールドウォレットをきちんと保管しなくてはいけない

コールドウォレットはネットワークから切り離された環境で仮想通貨を保管する為、ハッキングによるリスクは全くありません。

しかし、ホットウォレットとは違い、仮想通貨の取引や送金等を行う際にはその度にコールドウォレットからホットウォレットに通貨を移しネットワークに接続する手間がかかります。

また、コールドウォレットとして使用しているハードウェアを安全に保管することが必須です。

ちなみに・・・

「取引所」ではどのように仮想通貨を保管しているのでしょうか?安全性を重視するのであれば「コールドウォレット」を使うのが一番ですが、頻繁に取引を行う必要がある取引所では全てをコールドウォレットで保管することはできません。

国内最大手の仮想通貨取引所であるbitFlyerでは、利用者から預かっている仮想通貨の80%をコールドウォレットに、残り20%をホットウォレットに保管しています。

取引の利便性を保ちつつ、顧客の資産を安全に守るように分けて保管しているということですね。

6種類の「ウォレット」

仮想通貨を保管する方法は大きく分けて「ホットウォレット」「コールドウォレット」に分けられると説明してきましたが、ここからはより具体的に説明していきます。

仮想通貨を保管する「ウォレット」は6つの種類があります。

・ウェブウォレット(取引所)
・オンラインウォレット(インターネット上)
・ソフトウェアウォレット(PC内)
・モバイルウォレット(スマートフォン)
・ハードウェアウォレット(仮想通貨保管専用の端末)
・ペーパーウォレット(紙に印刷)

それぞれの特徴を見ていきましょう。

ウェブウォレット(取引所)

ホットウォレット

・いつでも取引や送金等が可能で便利
・取引所のハッキングや倒産のリスクがある

取引所に買った通貨をそのまま置きっ放しで保管している人は多いのではないでしょうか。(かくいう私もホールドを決め込んだ銘柄以外はそのままだったりします・・・笑)

買ったまま取引所に通貨を置いておけばいつでも取引や送金等が可能なので便利ですよね。

しかし取引所にはハッキングによる盗難や倒産のリスクがあるため、取引所のウォレットにそのまま仮想通貨をおいておくことはオススメできません。

ハッキングによる盗難というとコインチェックのハッキング事件が記憶に新しいのではないでしょうか。

国内の主要取引所がいきなり倒産するということはあまり考えられませんが、海外のマイナーな取引所の場合、急に入出金ができなくなったり、いきなりサイトが閉鎖・消滅してしまうということも十分ありえます。

ちなみに・・・
私のXSH(シールド)はcoinsmarketという取引所で引出禁止になってから、早数ヶ月…、今(2018/3現在)も絶賛監禁されてます( ;∀;)

取引所にお金(通貨)をおいているということは、銀行に日本円を預けているのと同じような状態です。

銀行にお金を預ける場合、手元に自分専用の通帳はあるもののお金自体は銀行で他の人のお金とひとまとめにして管理されていますよね。

取引所と銀行の違うところは、取引所は銀行に比べ比較的簡単にハッキングしやすく、不正アクセスでお金を盗まれるリスクがあるということです。

ですので、取引所はお金を入れておく場所ではなく、「通貨の売買をするところ」という認識の方が正しいかもしれません。

取引所にはすぐに売買する予定のあるお金のみをおくようにすることをオススメします。

オンラインウォレット(インターネット上のサービス)

ホットウォレット

・口座開設や設定が簡単にできる
・いつでもどこからでもアクセスできる
・セキュリティはサイトの管理者に一任されているため、ハッキングやサイトが突然閉鎖されるリスクがある
・フィッシング詐欺などもあるので注意が必要

取引所以外の手軽な保管場所としてオンラインウォレットがあります。

ID/PASSを入力して利用するウェブサービスで、口座開設や設定が簡単に行えます。

仮想通貨のウォレットはひとつのウォレットに1種類の通貨しか入れることができません。

「日本円専用の財布」「米ドル専用の財布」と通貨ごとに分けて複数の財布を所有するイメージです。

仮想通貨のウォレットの場合は、例えば間違えて日本円を米ドル専用の財布に入れてしまったら、その日本円は消滅してしまうので注意が必要です。

またウェブ上で保管することになるため、ハッキングやサイトの閉鎖などセキュリティ面でリスクがあります。

 

ソフトウェアウォレット(PC内)

ホットウォレット

・自分のPC内で保管する
・ID/PASSを第三者に送らなければ比較的安全
・自身のパソコンや自体がハッキングされたり、ウイルスに感染するリスクがある

ソフトウェアウォレットは自分のパソコンにソフトウェアをダウンロードして使用するウォレットです。

ローカル上での利用になるためウェブウォレットよりもセキュリティに優れているのが利点ですが、最初のインストール・設定等が面倒なことが欠点です。

ウェブウォレットとの違いはIDやPASSを第三者のサーバーに送らないことです。

パソコン自体をハッキングされたり、ウイルスに感染したりしない限り通貨が消える心配はありません。

しかしパソコン自体が壊れてしまった場合は通貨が取り出せなくなってしまうため、バックアップやセキュリティ設定を行う必要があります。

通貨によっては、ソフトウェアウォレットに入れてだけでマイニング報酬(PoS等)が得られるものもあります。

モバイルウォレット(スマホ)

ホットウォレット

・スマホアプリで利用できるため、持ち運びが簡単
・実際の店舗で利用する場合には最適
・QRコードが利用できる
・スマホ自体を紛失するリスクがある
・スマホがハッキングされたりウイルス感染するリスクがある

スマホのアプリとして動作するウォレットです。

スマホアプリのため何より持ち運びが簡単で、仮想通貨を実際の店舗で利用する際には非常に便利です。

仕組みとしてはPCにソフトウェアをダウンロードして使用する「ソフトウェアウォレット」のスマホ版という認識で構いません。

ソフトウェアウォレットと同じくウェブウォレットよりは安全ですが、ハッキングやウイルス感染のリスクはある為バックアップやセキュリティ設定が必須です。

ハードウェアウォレット(仮想通貨保管専用の端末)

コールドウォレット

・インターネットから切り離した環境で保管する為、ハッキング等の心配がない
・紛失・故障しても秘密キーさえ覚えておけば復元が可能
・複数の種類の仮想通貨を入れておくことができる
・秘密キーを第三者に知られてしまわないように管理する必要がある
・秘密キー・ピンコードを忘れてしまった場合どうしようもない

もっとも安全性が高いウォレットが「ハードウェアウォレット」です。

ハードウェアウォレットは、USBのような小さな端末に電子的に秘密鍵を保存します。

PCやスマホに接続すれば簡単に利用できる利便性だけでなく、インターネットから切り離した環境で保存する為、ハッキングされる心配がありません。

また、紛失・故障しても、秘密キーを残しておけば新しいハードウェアウォレットで復元することが可能です。

万が一盗まれたとしても中の情報にアクセスするのには「PINコード」の入力が必須なので資金が引き出される危険はありません。

ちなみに、あの有名な与沢翼さんは銀行の貸金庫にハードウェアウォレットを保管しているそうです( ・∇・)

本体がやや高額(1〜2万円ほど)ですが、ハッキング等の心配がなく安全に仮想通貨を保管できるので、長期間にわたって仮想通貨を所有しようと考えている方や、安全に保管したい方には一番オススメのウォレットです。

ペーパーウォレット(紙に印刷)

コールドウォレット

・インターネットから切り離した環境で保管する為、ハッキング等の心配がない
・紙に印刷するだけなので作成が簡単
・紛失や、火事になった場合はどうしようもない

インターネットから切り離された環境で仮想通貨を保存するやり方として、ハードウェアウォレットの他に「ペーパーウォレット」というやり方もあります。

一言でいうと秘密鍵やQRコードを紙に印刷して保存するという方法です。

結構仮想通貨のメリットを壊してる部分もあるんじゃないかと思う部分もありますが、選択肢としては大事なんでしょう。

セキュリティ上一度ペーパーウォレットから通貨を引き出した場合、セキュリティ上、同じペーパーウォレット(アドレス)は使用できません。

インターネット上で無料でペーパーウォレットを作成できるサイトもありますが、ペーパーウォレットの作成サイトがハッキングされたり、作成したPCがウイルス感染する危険性もないとは言えないので100%安全というわけではありません。

また、インクや紙の経年劣化により印刷した秘密鍵やQRコードが読み取れなくなってしまうリスクもあるため保管の際は直射日光や高温多湿を避けるように注意が必要です。

おわりに

今回は「ウォレット」について、種類とそれぞれの特徴を解説しました。

すぐに取引に使う分は、インターネットに接続された状態にあるホットウォレットに入れておくのが便利ですが、安全面から考えると「ハードウェアウォレット」が一番安心です。

やはり、資産管理という面から考えれば、すぐに取引や送金等をする通貨を残して、あとはハードウェアウォレットなどのコールドウォレットに入れておくことをオススメです。

安心安全に仮想通貨取引を行うためにも、もう一度ご自身の「ウォレット」について考えてみてはいかがでしょうか٩( ‘ω’ )و🌟

さとさと💘

コメント